カテゴリー
花粉症 身体のこと

敏感なセンサーにヤスリ掛けてやりたい。

多少鈍いくらいが生きやすい(花粉症とかね)

以前、僕は錦糸町に住んでいた。そんなに大きくないマンションに。
一人でシャワーを浴びている時、急に大きなサイレン!
マンションの廊下に付いている非常ベルか何かだったと思う。

今は奥さんとなった当時の僕の彼女が、慌てて僕を呼びに来る。
何かあったらしかった。

僕はシャンプー後のリンスを流さないまま慌てて、とりあえず服だけを着て、玄関を出た。
同じフロアにすんでいた女性も、慌てて出て来ている。
とりあえずエレベーターは動いた。乗る。

カテゴリー
花粉症

対花粉症対策として、舌下免疫療法を始めてみることにした。

舌下免疫療法、事始め。

いつ頃からだったか、正確には思い出せない。
中3くらいだったか、あるいは高校生にはなっていただろうか。
花粉症とは、その頃からの付き合い。

今でも思い出す。
花粉症が発症した初年が、いちばん大変だった。
特に目の痒み。その症状に対して、僕はひたすら眼を擦り、掻き続けた。
その結果、瞼の裏の皮膚(粘膜?)の様なものが、てろんと剥がれた。ぞぞぞっと、気持ちが悪かった。

それもあって、翌年以降は目だけは擦らずににやり過ごすようになった。

カテゴリー
断食(ファスティング) 本を読もう

【読んだ】「3日で人生が変わる 究極の断食力」(著:田中裕規)

今日の花粉症は比較的軽めの症状で、精神的にも安定しているみよけんです。
そうそう。先日、あまり日にひどい花粉症をamazonさんが察知してか、僕にサジェストしてきた本の事について書いたけど、その続き。

[amazonjs asin=”4766786025″ locale=”JP” title=”3日で人生が変わる究極の断食力”]

注文した日の翌日に届けてくれた宅配のおっちゃんとamazonさんには感謝です。
夜の仕事に出かける傍ら、ポストに投函されていた大き目の封筒をピックアップし、歩きながら本を取り出したら小島よしおさんの半裸写真が目に飛び込んできて、一瞬歩みが止まりましたよ。
究極の断食力(著:田中裕規)

さすがにこれを電車の中で読む勇気を僕は持ち合わせておらず、そのまま踵を返し、自宅に勇気を取りに戻ったことは言うまでもありません。

いや待て。しかし僕は「勇気」というものを母親の腹の中に置き忘れたいたことを思い出したので、自宅には戻らず小島よしおさんのパンツをその場で脱がせたのでした。
究極の断食力(著:田中裕規)

おー、グレイツ!ボディは美白。
だが、神田昌典の「非常識な成功法則」的なピンクは今の僕にとっては眩しく、ナウシカのポムじいさんの言葉を借りるなら「わしには強すぎる」。

そして神田さんの服も脱がしたのでした。
究極の断食力(著:田中裕規)

「読める!読めるぞ!!」
「花粉がゴミのようだ!」

これでようやく堂々と、電車の中で読める準備ができたわけです。
まあ実際には電車の中だけでは読み終わらなかったので、仕事が始まる時間になるまでカフェに立ち寄り、そこで一通りを読みました。

で。肝心の内容ですが。
事前に田中裕規さんのサイト(http://n-lab.co.jp)で読んでいた通りの内容ばかりでしたが、サイトの内容がまとまっていて読みやすかったですね。

書籍内の構成としては、以下のような感じ。

・PART1~2 …ファスティング(断食)の必要性や重要性を説き。
・PART3 …ファスティングをした人の体験談で読者の気分をもりあげて。
・PART4~5 …ファスティングのやり方や、キーアイテムとなる「酵素ドリンク」「塩」などについて説明。
・PART6~7 …実践したいと思った人の不安を説く。

書いてある内容は至極単純で。

・現代人は食べすぎ
・酵素が失われている
・だからファスティングで体のダメージを修復
・実践している人は効果も出てるよ。
・ドリンクや塩を効果的に使えば空腹感は感じない。
・頭痛が起きたりするかもしれないけど、それは好転反応だから。

読む前は、もっと胡散臭くて宗教チックで信者がたくさんいる類の人かなー、と思ったけれど、読んだら思いのほかちゃんとしてるように感じた。
まあ、ファスティングをすることによる体の影響とか、ホルモンの分泌がどう変わるかとか、サーチュイン遺伝子がどうなるとか……そういった生態に動きにかかわるくだりはすべてが真実とは限らないと思ってる。
たとえばサーチュイン遺伝子が長寿に効果があるという説だけを取り上げても、一説にはこれが間違いだったとされている説もあったりして。

とはいえ、そんな遺伝子レベルの話は面白いとは思うけれど、それが真実であろうとなかろうと興味はなく。
僕が一番気になっているのは「花粉症が治るか」、それに尽きる。

なので、ファスティングについてはちょっとこれからも調べたりしたいと思っている。
スギ花粉が僕に与える金銭的時間的精神的損失、というのはかなり重いのでね~。

Amazonを徘徊中にサジェストされた本。著者のサイトやらを徘徊し、興味が出たので読んでみた。僕自身が花粉症キャリア20と数年。毎年、春は憂鬱。もし本当にアレルギーが改善されるなら、断食をしてみる価値はあると感じた。最近はマラソンもやっているので、少しでも体重を軽くしたいという思いもあり。とはいえ、いざ始めるとなると尻込みもするだろうな。数日間をドリンクだけで、本当に過ごせるだろうか。体験談を読む限りでは、空腹感はさほど感じないらしいけれど。でも、チャレンジした人が目的を達成した率も知りたかったな。
(読書メーターに書いた僕の感想)

ちなみに、前に書いた関連記事は、これ。

本当に花粉症が改善するならやってみたい断食(ファスティング)

カテゴリー
身体のこと

憂鬱な花粉症に季節がやって参りました…

そろそろ花粉症の季節がやって参りました。

おおよそ2~4月までの約3ヶ月間。つまりは四半期。つまりは4分の1年。
その長い期間を堪え忍ばなければならない同士諸君よ!
共に乗り越えようぞ!!

でも僕は今年、レーザー光線でお花畑を焼きました。……もとい、レーザーで鼻の粘膜を灼かせていただきました。(スギの木に火を付けたい気持ちはある。)
ちなみに僕は、今年で2回目のレーザー治療です。1回目は一昨年。去年はスルーした。
まあ、レーザーで花粉症が治る訳じゃないけど、鼻の炎症が軽減されるだけでも、だいぶ楽なのよ。

花粉症は体力と気力を奪っていく

花粉症の時期は、流れてくる鼻水をすすったり、クシャミしたり、眠れなかったりと、徐々に体力を奪われていきます。
思考能力は衰え、仕事の意欲は低下し(あ、これ花粉症は関係ないや)、感情の振れ幅を大きくなりがちです。

そういったことを軽減してくれるレーザー治療といったら、地獄のそこに落ちてきた蜘蛛の糸のようなモノで、それが如何に頼りが無さそうに見えたとしても(怪しげに見えたとしても)、すがりつきたくなるモノです。

レーザー治療の手順

レーザー治療をした当日のお話をしようじゃありませんか。せっかくだから。

  1. 受付のおねーさんに、レーザー治療よろちく、と言います。
  2. でもって、紙を読まされてて書名をします。
  3. 診察室で先生に鼻の状態を見てもらい。
  4. 検査室(?)でおねーさんに鼻の空気の通り機械でチェック。
  5. 検査結果を先生に告げられ、問題なければ・・・
  6. 鼻の穴にガーゼをぶち込まれます。
    麻酔薬が染みこませてあるガーゼを大量に、それはもう、あとからガーゼはちゃんと取り出せるのか?と不安になるくらい奥までぶち込まれます。
  7. そこから15分を待合室で待つ。
    その間、麻酔薬が鼻の奥から口の中に入ってきて、もう苦いのなんのって。
  8. ベッドの上に寝かされて防護メガネ(?)を掛けます。
  9. レーザーで灼きます。
  10. 場所によってはやや痛いです。
  11. 焦げるような匂い、肉の焼ける匂いがします。決して美味そうな匂いではない事は言うまでもないですが。
  12. 終わったら、薬を貰って帰ります。

レーザー治療が初めての人は・・・

花粉症のレーザー治療が初めての人は、最初の一週間は覚悟してください。めっちゃつらいです。
鼻の中が炎症し、腫れてしまい、鼻呼吸が困難になります。
3ヶ月間の花粉症が1週間に集約されたくらいの辛さ。レーザー治療なんてやんなきゃよかった!ってマジに思うはずよ。

とにかくブリーズライトは必須アイテム。
夜に寝るときは必ずブリーズライトを張って寝ましょう。
鼻が完全に閉塞し、まじで眠れなくなる。

その後は定期的に耳鼻科へ通い、レーザー治療のあとの管理をしていってもらいます。
鼻の中に出来たカサブタを、バリバリ取ってもらいます。時折、鼻血をぶちまけることになります。

いま思い出しても辛いわ。
その辛いのが思い起こされて、昨年はレーザー治療をしなかったんですわよ。

レーザー治療が2回目以降の人

レーザー治療が二回目の人は、恐れず安心して治療にいくと良いでしょう。
1回目の辛さが夢だったのか?夢か現か幻かファンタジーかSFかっ!?つーくらいラクでビックリする。
僕は1回目のレーザー治療での反省を活かし、2回目の今年は当然ブリーズライトを準備したのです。

しかしだっ!

まったく鼻が辛くない。
やや違和感はあるものの、鼻が完全閉塞するような気配は、まったくと言って良いほど、無い。

1週間後の検査で病院に行ったとき、その事(今年はとてもラクだ)を告げると。
「みんなそうなんだよ、不思議なことに」
と、先生は言った。

「2回目よりも3回目、3回目よりも4回目の方がラクになるんだよ。理由は不明なんだけどね」

え、理由が不明なのかよっ、と、僕はそっちに驚いたww

「学会でも発表されてないんだよね。うちはレーザー治療の症例が多いから、私がそのうち発表してみようかな(笑)」

ほー、ぜひぜひ!

ってか、そんなことよりも花粉症を治す方法を探しておくれよ♪

by カエレバ