カテゴリー
セミナー 学びて時にこれを習う

海馬というノートに扁桃体で記録する|スピードライティング特別講座@天狼院書店

三浦崇典さんの書くスピードを盗みたい

天狼院書店の三浦崇典さんは、ちょっぱやで3000字とか5000字とか、書いてしまうらしい。
その文章の書き方を惜しみなく公開してくれている「スピードライティング特別講座」へ、僕は行ってきた。
今日は二回目。

カテゴリー
セミナー

決算書をちゃんと読めるようになったら楽しそうだ。

僕がいまお世話になっている会社は、何年か前に社長が変わってから、制度が充実し始めた。
以前はすぐにでもやめたいと思っていたけれど、今の社長なら、まだ頑張ろうと思える。
(まあ、給料がなかなか上がらないので、娘の成長に合わせて僕の身の振り方も考えないといけない…とは思っているのだけれど。常々。)

僕が気に入っている制度の一つに、外部の研修制度がある。
ネットワークやIT系に関する講座はないのだけれど、プロジェクトマネジメントとか、PDCAだとか、管理職に関する講座といった、自腹では絶対に選択しないようなセミナーに参加することができて、とても楽しい。
自社の他の同僚は、セミナーへの参加を「めんどくさい」といっているけれど、自腹を切らずにいろいろな話を聞けるのに、もったいないなぁ、と思う。

今日は「決算書の読み方(初級)」的なセミナーに行ってきた。
詳しい内容を書くと怒られてしまうので書かないけれど。

決算書の数字を見て背景に思いを馳せるのは、ちょっと面白いなと感じた。
自社の決算書は公開されていないので残念なのだけれど、近しい会社の決算書とか見てみようかな、という気持ちになった。

来月は中級コースに参加してこよーっと。

カテゴリー
セミナー ブログ

立花岳志さんのセミナーに参加し、改めて継続することの大切さを知った。

2017/04/08(土)。立花岳志さんの「ブログ & SNS超入門セミナー」に参加してきた。

結論から言うと、参加してよかったと感じた。
気楽になったというか、もっと軽い気持ちで続けてみようと、そう思った。

僕はどうしてもいろいろなことを継続することができないことが多く、ブログもその一つだった。
いろいろ書きたい気持ちもあるのだけれど、なかなか書き続けることができない。日々の習慣の中に取り入れることができなかった。

書いている最中は楽しいのだけれど、着手する前から億劫に感じることが多い。
めんどくさいなー、と感じて何もせずにいると、日々の生活に忙殺され、埋没していく。
そしてふとした事を切っ掛けに、砂の中に埋もれた思いはまたその姿を表す。。。その繰り返し。

ブログを書くことに関して言えば、僕は「書く」ということに対してすこしレベルを高く設定しすぎていたように思った。
ものを書く能力が対して高いわけでもないのに、「ちゃんとしたコンテンツ」を書かないといけないと、そう思ってしまっていた。その重い自体が重たい石となり、僕の動作を緩慢にしていた。

立花岳志さん曰く……「質より、量より、懇親頻度」。3行日記程度でもいいのだと。
なぜなら、「誰も読んでないから」だそうだ。
なるほど、たしかにそうだ(笑)

最初は短くてもいいから、更新頻度を上げて続けていくことが大事。
そうしていけば、そのうち書くということに慣れていく。
書く力(ブログ筋力)が鍛えられて来たら、長い記事などを書いていくといいだろうしね。

セミナーでは、3名のブロガーたちが登壇された。
3名とも個性のある方だったが、ブログを書くという行為で成果を出している人は、やはり更新頻度が高い人はのようだった。

「継続は力なり」なのだと思った。

カテゴリー
WordPress 学びて時にこれを習う

WordPress初学者におすすめの1冊

2014年の年始から始めた『WordPressデザインブック3.x対応』がもたらしてくれた結果に、僕は大いに満足しました。
この書籍から得た結果は、大まかに以下の3つかな。

  1. WordPressの仕組みの概要が少しは分かった。
  2. 簡単なスタイルシートが書けるようになった。
  3. 使い勝手の良いWordpressのテーマが作れた(写した、とも言う)

初学者は「レッスンブック」から始めるのがおすすめ

僕が上記の結果を得るために要した期間は、2014/01/04~2014/01/26(22日間)ってとこです。

短いときは30分、長いときは2時間とかやって(集中していたかは別として)これだけの期間を要したので、そこそこボリュームのある内容でしたね。
この本の前段にある『WordPressレッスンブック』の方に要した期間は約一週間程度であったことを考えると、その差は歴然。
しかし、「WordPressレッスンブック」あっての「デザインブック」だと感じてはいます。

Wordpresの習熟度合いにもよるのだろうけど、僕は「レッスンブック」の方から始めて良かったと思ってます。
というのも、「レッスンブック」の方では数ページを割いて丁寧に説明している箇所が、「デザインブック」では2分の1ページ程度でサラッと触れている程度のだったりもするのですっ。

テーマを変えるしか能がなかった僕が、ウィジェットのスペースを追加できるようになっただけでも価値がある。

それまでの僕は、Wordpressを利用をしていたけれど、せいぜい既存のテーマを変更したり、ちょこっとウィジェットを弄る程度でした。

しかし今ではWordpressの仕組みを少しは理解でき(例えばウィジェットのスペースが欲しければ増やしたりも出来る、とか)、スタイルシートを使ったデザインをある程度書けるようになったわけで、そこに至れたのは「レッスンブック」から積み上げていった結果だと思うのです。

まあ、『WordPressデザインブック』の全てを理解できた訳じゃないけど(”query_posts”とか”array”とか、いまいちよくわかんない…)、それは追々勉強していかなきゃだけど(phpなのかな?)。
とはいえ、この本で作ったテーマでも当面は楽しめそうですから、『WordPressデザインブック』で得た知識は僕にとって大変満足のいくものでした!

初版から2年以上も経ってしまっているのがネックといえばネック

ITやらWEBの世界というのは進みが早いもので、2年も経つと大昔……とは言いすぎですが、しかしこの『WordPressデザインブック』の通りに進まないところもいくつかありました。
例えばプラグインの「WordTwit」は、本の通りにやってもできません。

ちなみにWordTwitの問題ならここで解決できましたが…。
WordTwit 3.0が動かないときの設定方法

今日の最新は明日の時代遅れ。

まあ、こういった点(書籍の内容が陳腐化する点)は分野によっては致し方ないものです。ITの分野においては先駆者でもない限りすでに先人がいる場合がほとんどでしょうから、判らないことがあればグーグル先生にでも聞きましょうかね。
どうせWordPressもWEBの技術も進化し続けていくのですから、常に新しい事を学んでいきたいモノですっ!

カテゴリー
教養

今日という一見何の価値のない些細な日常が、10年後には目を細めずにはいられない輝かしい記憶の1ページになっている、はず。

今日の夜。食後に家族でテレビを見たり食器を洗ったりしていた時間に、4歳の娘が急に不機嫌になった。
理由は全く分からないんだけども、まあ、そういう気分だったんだと思う。

そして「外に行きたい」と言い始めた。
時間はもう19時を回り外はほぼ暗くなっていたので、まさかこの時間から遊びに行く訳にもいかなかった。

カテゴリー
教養 身体のこと

洗練された動作というのはとても美しいものだと思った。

一言で言えば、我々には大リーグボール養成ギプスが必要なのだ、ということだ。

先日ようやく、ビデオに撮っておいた「コクリコ坂から」を観た。
「すごい感動するから観てよ」と、奥さんから再三にわたって言われ続けた本作。
なかなか時間が取れなかったのだけれど、GWに一人で夕食を摂っているとき、PCや冷蔵庫が唸る音しか聞こえない部屋に何となく寂しさを感じ、ビデオを付けた。

カテゴリー
学びて時にこれを習う

「何を学ぶか」という問いは、「どんな友人を作るか」という問いに限りなく等しい。

同じ目標に向かって共に邁進した友人との結束は、強固になる。
僕は今年(2013年)の2月から4月の2ヶ月間、英会話スクール(Presence)に通った。 Presenceへ行くのは週に1度だけれど、課される宿題の量には正直なところ毎週うんざりしたし、心が折れそうにもなった。 Presenceの方針や課題の事は知っていたから、覚悟の上ではあったのだけれどね。 しかし実際にその課題を突きつけれられると、真っ先に溜息が出た。

カテゴリー
教養

とにかく本流の流れを維持する。

何かひとつのタスクに集中しているときに限って、別のタスクだったり考えだったり想いだったりが、ふと思いついたり思い出したり脳裏をよぎったりするものです。なぜだか分かりませんが。
放って置くとついつい意識がそっちの「思いついた」方へ持っていかれてしまうわけですが、じゃあそれがたったいま取り掛かっているタスクよりも重要なのかと問われれば、必ずしもそうでない事のほうが多い気がするのです。

カテゴリー
教養 資産をふやしたい

家計簿をつければきっと人生も変わる

家計簿には、未来を変える可能性があると、僕は確信しています。

僕が今年から新たに始めた習慣であり、そして一番生活習慣に大きな影響を与えたものの一つは、「家計簿の記帳」であると断言できます。
家計簿をつけることで僕は、何となく感じていた精神的な負担は軽くなり、計画的にお金を使うようになり、無駄なものを難なくカットできるようになりました。

カテゴリー
教養

仕事とはいわば、《試合》である。

【仕事とは・・・】

いつだれに聞いたのか、あるいは本で読んだのか、もう忘れてしまったけれど、誰かがこんなことを言っていました。
「仕事とはいわば、《試合》である」と。

プロ野球選手が試合で勝つ為に日ごろの練習やトレーニングで自らを磨く様に、会社員も仕事という《試合》で最高のパフォーマンスを出すために、仕事以外の場で努力する必要がある、と。