書くこと

2020/2/7

感情の筋トレ[天狼院書店のスピードライティングでの気づき]

感情を鍛えよう。そう思ったお話。 テレビを見ながら娘が歌い出したので、僕も歌った。 娘が踊り出したので、僕も踊った。 そんな僕を見て、娘が笑った。 そんな娘を見て僕も笑いながら踊った。 手をフリフリ、腰をくねくねさせながら。 「パパキモい-」と、横で見ていた長女。 「真似しないでー!」といきなり怒りだした、踊っていた次女。 「うぇー!?」と大げさに驚く僕。 笑う長女と、不機嫌な次女。 スピードライティング特別講座2回目講義を受けたと、僕は、「感情の筋トレ」をしようと、そう思い立った。 以来、少しばかり、喜 ...

ReadMore

美味しいものが食べたい

2020/1/26

ラーメンに”すだち”がマジ美味い|つじ田 八重洲店

ヨコオッサンは、スダチを追加で注文した。 すだちだよ。あの、緑の丸い柑橘系。 そこは東京駅近くの、ラーメン屋。 ヨコオッサンは、僕の職場の同僚。僕と同じオッサン。 東京駅近くで仕事をしたある日、ヨコオッサンに連れられてラーメン屋に行った。 僕は普段、あまりラーメンは食べないのだけれど。 ヨコオッサンと話をしたかったと言うこともあり、付いていった。 そこは、東京駅の八重洲方面にあるラーメン屋「つじ田」。 事前に券売機で注文するタイプ。 ヨコオッサンはつけ麺と、そして、別途すだちを注文していた。 すだち? ラ ...

ReadMore

花粉症 身体のこと

2020/1/25

敏感なセンサーにヤスリ掛けてやりたい。

多少鈍いくらいが生きやすい(花粉症とかね) 以前、僕は錦糸町に住んでいた。そんなに大きくないマンションに。 一人でシャワーを浴びている時、急に大きなサイレン! マンションの廊下に付いている非常ベルか何かだったと思う。 今は奥さんとなった当時の僕の彼女が、慌てて僕を呼びに来る。 何かあったらしかった。 僕はシャンプー後のリンスを流さないまま慌てて、とりあえず服だけを着て、玄関を出た。 同じフロアにすんでいた女性も、慌てて出て来ている。 とりあえずエレベーターは動いた。乗る。

ReadMore

書くこと

2020/1/24

ネタが無いから料理ができないのか?あるいは……[スピードライティング]

料理が下手だからネタが見つけられないのか。 ネタが無いから料理ができないのか。 料理が下手だからネタが見つけられないのか。 一流の料理人は、きっと一流のレストランで、一流の素材を使い、一流の客人を相手に、一流の顧客体験を提供する。 でもきっと、本当の意味での一流の料理人は、腕は一流だが、環境が、素材、そしてどんな客だろうと左右されず、一流の顧客体験を提供するのかも知れない。

ReadMore

no image

セミナー 学びて時にこれを習う

2020/1/23

海馬というノートに扁桃体で記録する|スピードライティング特別講座@天狼院書店

三浦崇典さんの書くスピードを盗みたい 天狼院書店の三浦崇典さんは、ちょっぱやで3000字とか5000字とか、書いてしまうらしい。 その文章の書き方を惜しみなく公開してくれている「スピードライティング特別講座」へ、僕は行ってきた。 今日は二回目。

ReadMore

ITエンジニア お仕事

2020/1/23

社員に対するUX

あー、人が足りない 将来はエンジニア不足になる、と、まことしやかにささやかれ始めて久しい。 IT系の界隈では多くの人が「エンジニア不足、エンジニア不足」と、誰かがどこかで聞いたことを真似してしゃべてる。 オウムか。 まあ、今後もITに関わる仕事が増えてくる以上、不足するのは当たり前なのだろうけれど、しかしエンジニアなら誰でも言い、という訳では無いと思うの。 不足しているのは「エンジニア」ではない。不足しているのは「優秀なエンジニア」でしょ。 僕が今勤めている会社も、まあそれはそれは人が足りない。あ、正確に ...

ReadMore

ITエンジニア プログラミング

2020/1/19

「TECH::CAMP」の説明会に参加したが……

参加したが、イマイチだったなぁ、というお話 プログラミングの学習は、僕はUdemyを好んで使っている。今のところ。 あとは、書籍ね。 本を読みながらやっていくのが好きだけど、動画は動画で、講師が実際に動かしている所を見るのもわかりやすく、良いと思う。 まあ、一長一短かな。どちらも。

ReadMore

ITエンジニア プログラミング

2020/1/19

プログラミングの技術を身につけたい

プログラミングをどうやって学ぶか。独学か、スクールか。 僕は何年も前からプログラミングに興味があり、業務で活用していたエクセルのVBAは自分で得意と言えるくらいに出来るようになったのだけれど、他の言語は書籍で勉強をするくらいで、ちゃんと何かを作るまではできない。 僕はいわゆるインフラエンジニアと言われるポジションにいる。 インフラと一言で表現しても、その範囲は広く、LANケーブルや電力線の敷設、キャリアの回線敷設調整も広義の意味ではインフラだし、L3からL4(TCP/IP)までのネットワーク層もインフラ、 ...

ReadMore

花粉症 身体のこと

敏感なセンサーにヤスリ掛けてやりたい。

多少鈍いくらいが生きやすい(花粉症とかね)

以前、僕は錦糸町に住んでいた。そんなに大きくないマンションに。
一人でシャワーを浴びている時、急に大きなサイレン!
マンションの廊下に付いている非常ベルか何かだったと思う。

今は奥さんとなった当時の僕の彼女が、慌てて僕を呼びに来る。
何かあったらしかった。

僕はシャンプー後のリンスを流さないまま慌てて、とりあえず服だけを着て、玄関を出た。
同じフロアにすんでいた女性も、慌てて出て来ている。
とりあえずエレベーターは動いた。乗る。

マンションの1階へ下りると、煙が充満していた。
火事か?
でも火は見当たらない。
マンションの敷地を出て表へ出る。

外から見ると、その煙が出てくる場所が分かった。
1階の住居だった。

誰かが電話をしたのか、警報で自動で通報をしたのかは分からない。
程なくして消防車が、マンション近くに乗り付けてきた。
ここの道路は都内とは言え、大通りから一つは行った場所にあり、狭い。
消防車が来れば、それだけで道幅が埋まる。

消防車から隊員が下りてきて、煙が出ている部屋をノック。
誰かがいるらしかった。
しかし出てこない。隊員と口論。一悶着している。

恐らく、その人も気が動転して出て来られないのだろう。

程なくして、問題ないことが分かった。
どうも、魚か何かを焼いていたらしい。思いのほか煙が出たのか、その煙が原因で非常ベルが鳴ったようだった。
ほっとした。

こういった非常を知らせるセンサーは、いまやあちこちにある。
非常ベルもそうだが、監視カメラもその一種だし、会社内にある入退室管理も十年前に比べたら過剰なくらいに厳しい。

そして、僕の身体に付いてるセンサーも、なかなか敏感に反応する。

まずは、高校生くらいの頃からお付き合いのある花粉症。こいつとは腐れ縁でね。
毎年春になると、僕の元にやってくる。僕の花粉センサーは高性能。魚の煙を感知した警報器のように、その花子ちゃんの到来を知らせる。
おかげで仕事も生活も、睡眠さえも一苦労。
涙は出て、鼻をかみすぎて鼻の下も赤くなる。

ほんと、こういった敏感すぎるセンサーにはヤスリをかけてやりたい。
ヤスリと言えば、過去に何年間かは花粉の時期が近づくと、鼻の粘膜をレーザーで焼いた。
しかし今はやっていない。
効果はそれなりにあったのだが、それでも対処療法にすぎず、根治はしない。
自分の身体に傷を付ける、というその行為自体に疑問を感じから、と言うのもある。
今は良いけど、何十年後日に何らかの後遺症や悪影響が出ないとも限らない。

だから今は、舌下免疫療法をやっているのだけれどね。

もう一つ敏感なセンサーがある。
それは、対人関係。
人の反応に、必要以上に気を遣ってしまう、僕の心のセンサー。
まあ、おっさん歴も長くなると、ある程度その心のセンサーも摩耗してきてはいるのだけれどね。

このセンサーがもう少し鈍ければ、もっと人間関係を楽しく出来てのかも知れない。
言いたいことを人に言えて、人からの批判もさらりと交わし、自分の信じた道を行く。
もっと、対人センサーが鈍かったら良かったな、と、少し思う。

幸いにも、最近はその対人センサーも比較的鈍ってきたように思う。
ある程度嫌われても、とか、会社が首になってもいいや、とか、そういった半ば諦観の念もあるけれど、それでも前よりは生きやすくなったかな。

僕はもうオッサンだけれど、人生100年時代の今となっては、死ぬまではまだまだ長い。
人に気を遣わず、そろそろ自分の好きな道を行っても良いんじゃないかと思う。

ちょとやそっとの煙にはピクリともしない、火が出てようやく腰を上げる程度の、そんなセンサーが僕は欲しい。

これまで生きていく過程で、対人センサーは多少は摩耗したけれど。

もうすこし、センサーにヤスリを掛けてやりたい。
対人センサーにも、花粉センサーにも。

そういやね、この間耳鼻科に行ったときに聞いたのだけれど、もう花粉を感じる人が出てきたらしい。
僕より敏感なセンサーを持ってる人もいるんだなぁ。

-花粉症, 身体のこと
-

Copyright© みよけんちのべんじょ , 2020 All Rights Reserved.