書くこと

2020/2/7

感情の筋トレ[天狼院書店のスピードライティングでの気づき]

感情を鍛えよう。そう思ったお話。 テレビを見ながら娘が歌い出したので、僕も歌った。 娘が踊り出したので、僕も踊った。 そんな僕を見て、娘が笑った。 そんな娘を見て僕も笑いながら踊った。 手をフリフリ、腰をくねくねさせながら。 「パパキモい-」と、横で見ていた長女。 「真似しないでー!」といきなり怒りだした、踊っていた次女。 「うぇー!?」と大げさに驚く僕。 笑う長女と、不機嫌な次女。 スピードライティング特別講座2回目講義を受けたと、僕は、「感情の筋トレ」をしようと、そう思い立った。 以来、少しばかり、喜 ...

ReadMore

美味しいものが食べたい

2020/1/26

ラーメンに”すだち”がマジ美味い|つじ田 八重洲店

ヨコオッサンは、スダチを追加で注文した。 すだちだよ。あの、緑の丸い柑橘系。 そこは東京駅近くの、ラーメン屋。 ヨコオッサンは、僕の職場の同僚。僕と同じオッサン。 東京駅近くで仕事をしたある日、ヨコオッサンに連れられてラーメン屋に行った。 僕は普段、あまりラーメンは食べないのだけれど。 ヨコオッサンと話をしたかったと言うこともあり、付いていった。 そこは、東京駅の八重洲方面にあるラーメン屋「つじ田」。 事前に券売機で注文するタイプ。 ヨコオッサンはつけ麺と、そして、別途すだちを注文していた。 すだち? ラ ...

ReadMore

花粉症 身体のこと

2020/1/25

敏感なセンサーにヤスリ掛けてやりたい。

多少鈍いくらいが生きやすい(花粉症とかね) 以前、僕は錦糸町に住んでいた。そんなに大きくないマンションに。 一人でシャワーを浴びている時、急に大きなサイレン! マンションの廊下に付いている非常ベルか何かだったと思う。 今は奥さんとなった当時の僕の彼女が、慌てて僕を呼びに来る。 何かあったらしかった。 僕はシャンプー後のリンスを流さないまま慌てて、とりあえず服だけを着て、玄関を出た。 同じフロアにすんでいた女性も、慌てて出て来ている。 とりあえずエレベーターは動いた。乗る。

ReadMore

書くこと

2020/1/24

ネタが無いから料理ができないのか?あるいは……[スピードライティング]

料理が下手だからネタが見つけられないのか。 ネタが無いから料理ができないのか。 料理が下手だからネタが見つけられないのか。 一流の料理人は、きっと一流のレストランで、一流の素材を使い、一流の客人を相手に、一流の顧客体験を提供する。 でもきっと、本当の意味での一流の料理人は、腕は一流だが、環境が、素材、そしてどんな客だろうと左右されず、一流の顧客体験を提供するのかも知れない。

ReadMore

no image

セミナー 学びて時にこれを習う

2020/1/23

海馬というノートに扁桃体で記録する|スピードライティング特別講座@天狼院書店

三浦崇典さんの書くスピードを盗みたい 天狼院書店の三浦崇典さんは、ちょっぱやで3000字とか5000字とか、書いてしまうらしい。 その文章の書き方を惜しみなく公開してくれている「スピードライティング特別講座」へ、僕は行ってきた。 今日は二回目。

ReadMore

ITエンジニア お仕事

2020/1/23

社員に対するUX

あー、人が足りない 将来はエンジニア不足になる、と、まことしやかにささやかれ始めて久しい。 IT系の界隈では多くの人が「エンジニア不足、エンジニア不足」と、誰かがどこかで聞いたことを真似してしゃべてる。 オウムか。 まあ、今後もITに関わる仕事が増えてくる以上、不足するのは当たり前なのだろうけれど、しかしエンジニアなら誰でも言い、という訳では無いと思うの。 不足しているのは「エンジニア」ではない。不足しているのは「優秀なエンジニア」でしょ。 僕が今勤めている会社も、まあそれはそれは人が足りない。あ、正確に ...

ReadMore

ITエンジニア プログラミング

2020/1/19

「TECH::CAMP」の説明会に参加したが……

参加したが、イマイチだったなぁ、というお話 プログラミングの学習は、僕はUdemyを好んで使っている。今のところ。 あとは、書籍ね。 本を読みながらやっていくのが好きだけど、動画は動画で、講師が実際に動かしている所を見るのもわかりやすく、良いと思う。 まあ、一長一短かな。どちらも。

ReadMore

ITエンジニア プログラミング

2020/1/19

プログラミングの技術を身につけたい

プログラミングをどうやって学ぶか。独学か、スクールか。 僕は何年も前からプログラミングに興味があり、業務で活用していたエクセルのVBAは自分で得意と言えるくらいに出来るようになったのだけれど、他の言語は書籍で勉強をするくらいで、ちゃんと何かを作るまではできない。 僕はいわゆるインフラエンジニアと言われるポジションにいる。 インフラと一言で表現しても、その範囲は広く、LANケーブルや電力線の敷設、キャリアの回線敷設調整も広義の意味ではインフラだし、L3からL4(TCP/IP)までのネットワーク層もインフラ、 ...

ReadMore

花粉症

対花粉症対策として、舌下免疫療法を始めてみることにした。

舌下免疫療法、事始め。

いつ頃からだったか、正確には思い出せない。
中3くらいだったか、あるいは高校生にはなっていただろうか。
花粉症とは、その頃からの付き合い。

今でも思い出す。
花粉症が発症した初年が、いちばん大変だった。
特に目の痒み。その症状に対して、僕はひたすら眼を擦り、掻き続けた。
その結果、瞼の裏の皮膚(粘膜?)の様なものが、てろんと剥がれた。ぞぞぞっと、気持ちが悪かった。

それもあって、翌年以降は目だけは擦らずににやり過ごすようになった。

しかし、鼻の方はノーガードだった。当時の僕には、マスクをする、という習慣がなかったのだ。
おかげで、鼻水はだらだら、ティッシュで擦るために鼻の下は赤くなった。
今の僕からしたら、何でマスクをしなかったのか、と。不思議。

花粉症とは、長い付き合いだ。別れられるものなら早く別れたいのだけれど。

きっと死ぬまでのお付き合いになるのかと諦めている。
しかし、花粉症との関係を清算するための、光明が見え始めた。

舌下免疫療法だ。

僕の職場には、春になるとダースベイダーのような出で立ちになる男がいた。
マスクとゴーグルで厳重に顔を覆うのだ。ダースベイダーのというよりも、白系だったためストームトルーパーと言った方がいいかもしれない。

僕なんかよりも重度の花粉症で、春の風物詩の一つ。
彼が白いマススが、職場に春の訪れを教えてくれる。

そんな、春の風物詩に、あるとき変化が訪れた。

職場のストームとルーパーがそのマスクを脱いだのだ。
大丈夫か。大丈夫なのかっ!?

我々花粉症患者にとって、春にマスクを取ることは、汚染された空気の中に生身で身を投じるようなもの。
腐海の瘴気の中でナウシカがマスクを取るようなもの。「少し肺に入った…」って、なっちゃうよ。

僕は元ストームトルーパーに尋ねた。
正気なのか!?と。

彼はニヤリとして答えた。
「舌下免疫療法」

おお!あれか!

花粉症に対しての免疫療法があるのは知っていた。
知ってはいたが、以前は定期的に注射をする減感作療法だった。

定期定期な注射と、それ相応の費用。二の足を踏むのは言うまでも無く。
しかし、いつのころからが、「舌下免疫療法」と言うのが出てきた。

僕はその存在もネットで見聞きはしていたものの、通院までして治療を受ける動機にまでは至らなかった。
だって、なんとなく効かなそうだったから。

しかし、元ストームトルーパーの彼が言うには、「めっちゃ効く!」と。
是非やるべきだ、とさえ言われた。
舌下免疫療法は3~5年掛かると言われているが、彼の場合は1年目で明らかなる効果が見られたらしい。

それを聞いたのは、今年、2019年の春まっさかり。
この春を乗り切ったら、耳鼻科に行ってみようと心に決めた。

春が終わり、数ヶ月も経ってしまった9月某日。
行きつけの耳鼻科を訪れた。

僕が花粉症の時期とは全くズレた時期に言ったものだから、「今日はどうしたの?」から始まる。
「舌下免疫療法をやってみようかな、と思って」と、僕は答えた。

苦笑い、とでも言うのだろうか、やや微妙な笑い方をしながら先生は言った。
「ネットとかで調べてみた?」

「まあ、ある程度は」と、僕。

その後、時間が掛かること(3年~5年)、効果が必ずしも出るとは限らないこと。
そう言ったことを説明された。
どうやら、舌下免疫療法が期待通りにならない可能性を、ちゃんと説明したかったらしかった。

それでも僕は「やります」と答えた。

春が少しでも楽に過ごせる可能性があるなら、そっちを選びたい。

まず、この日はまず血液検査。
その検査結果を元に、次回の来院で投薬を始めるか決める、とのこと。

次回の来院において、二つの事を念頭に置いて来るように、と言われた。

①次回は時間にゆとりを持ってくること。
 理由は、薬の処方箋を書いて貰った後すぐに薬局へ行き、薬を処方して貰う。
 そのまま再び病院に戻ってきてから、先生の前で最初の投薬。
 その後30分間、病院内で待機する。
 仮にアナフィラキシーショックなどの反応があった場合、すぐに対処するため。

②次回の来院の一週間後に、必ず来院すること。
 つまり、二週連続で通院できる日を選んでくること。
 一週間の反応を看るため、なのだろうと思う。

と言うわけで、花粉症寛解へ一縷の望みを掛け、舌下免疫療法を始めることにした。

-花粉症
-,

Copyright© みよけんちのべんじょ , 2020 All Rights Reserved.