書くこと

2020/2/7

感情の筋トレ[天狼院書店のスピードライティングでの気づき]

感情を鍛えよう。そう思ったお話。 テレビを見ながら娘が歌い出したので、僕も歌った。 娘が踊り出したので、僕も踊った。 そんな僕を見て、娘が笑った。 そんな娘を見て僕も笑いながら踊った。 手をフリフリ、腰をくねくねさせながら。 「パパキモい-」と、横で見ていた長女。 「真似しないでー!」といきなり怒りだした、踊っていた次女。 「うぇー!?」と大げさに驚く僕。 笑う長女と、不機嫌な次女。 スピードライティング特別講座2回目講義を受けたと、僕は、「感情の筋トレ」をしようと、そう思い立った。 以来、少しばかり、喜 ...

ReadMore

美味しいものが食べたい

2020/1/26

ラーメンに”すだち”がマジ美味い|つじ田 八重洲店

ヨコオッサンは、スダチを追加で注文した。 すだちだよ。あの、緑の丸い柑橘系。 そこは東京駅近くの、ラーメン屋。 ヨコオッサンは、僕の職場の同僚。僕と同じオッサン。 東京駅近くで仕事をしたある日、ヨコオッサンに連れられてラーメン屋に行った。 僕は普段、あまりラーメンは食べないのだけれど。 ヨコオッサンと話をしたかったと言うこともあり、付いていった。 そこは、東京駅の八重洲方面にあるラーメン屋「つじ田」。 事前に券売機で注文するタイプ。 ヨコオッサンはつけ麺と、そして、別途すだちを注文していた。 すだち? ラ ...

ReadMore

花粉症 身体のこと

2020/1/25

敏感なセンサーにヤスリ掛けてやりたい。

多少鈍いくらいが生きやすい(花粉症とかね) 以前、僕は錦糸町に住んでいた。そんなに大きくないマンションに。 一人でシャワーを浴びている時、急に大きなサイレン! マンションの廊下に付いている非常ベルか何かだったと思う。 今は奥さんとなった当時の僕の彼女が、慌てて僕を呼びに来る。 何かあったらしかった。 僕はシャンプー後のリンスを流さないまま慌てて、とりあえず服だけを着て、玄関を出た。 同じフロアにすんでいた女性も、慌てて出て来ている。 とりあえずエレベーターは動いた。乗る。

ReadMore

書くこと

2020/1/24

ネタが無いから料理ができないのか?あるいは……[スピードライティング]

料理が下手だからネタが見つけられないのか。 ネタが無いから料理ができないのか。 料理が下手だからネタが見つけられないのか。 一流の料理人は、きっと一流のレストランで、一流の素材を使い、一流の客人を相手に、一流の顧客体験を提供する。 でもきっと、本当の意味での一流の料理人は、腕は一流だが、環境が、素材、そしてどんな客だろうと左右されず、一流の顧客体験を提供するのかも知れない。

ReadMore

no image

セミナー 学びて時にこれを習う

2020/1/23

海馬というノートに扁桃体で記録する|スピードライティング特別講座@天狼院書店

三浦崇典さんの書くスピードを盗みたい 天狼院書店の三浦崇典さんは、ちょっぱやで3000字とか5000字とか、書いてしまうらしい。 その文章の書き方を惜しみなく公開してくれている「スピードライティング特別講座」へ、僕は行ってきた。 今日は二回目。

ReadMore

ITエンジニア お仕事

2020/1/23

社員に対するUX

あー、人が足りない 将来はエンジニア不足になる、と、まことしやかにささやかれ始めて久しい。 IT系の界隈では多くの人が「エンジニア不足、エンジニア不足」と、誰かがどこかで聞いたことを真似してしゃべてる。 オウムか。 まあ、今後もITに関わる仕事が増えてくる以上、不足するのは当たり前なのだろうけれど、しかしエンジニアなら誰でも言い、という訳では無いと思うの。 不足しているのは「エンジニア」ではない。不足しているのは「優秀なエンジニア」でしょ。 僕が今勤めている会社も、まあそれはそれは人が足りない。あ、正確に ...

ReadMore

ITエンジニア プログラミング

2020/1/19

「TECH::CAMP」の説明会に参加したが……

参加したが、イマイチだったなぁ、というお話 プログラミングの学習は、僕はUdemyを好んで使っている。今のところ。 あとは、書籍ね。 本を読みながらやっていくのが好きだけど、動画は動画で、講師が実際に動かしている所を見るのもわかりやすく、良いと思う。 まあ、一長一短かな。どちらも。

ReadMore

ITエンジニア プログラミング

2020/1/19

プログラミングの技術を身につけたい

プログラミングをどうやって学ぶか。独学か、スクールか。 僕は何年も前からプログラミングに興味があり、業務で活用していたエクセルのVBAは自分で得意と言えるくらいに出来るようになったのだけれど、他の言語は書籍で勉強をするくらいで、ちゃんと何かを作るまではできない。 僕はいわゆるインフラエンジニアと言われるポジションにいる。 インフラと一言で表現しても、その範囲は広く、LANケーブルや電力線の敷設、キャリアの回線敷設調整も広義の意味ではインフラだし、L3からL4(TCP/IP)までのネットワーク層もインフラ、 ...

ReadMore

本を読もう

目的は本ではなくて珈琲でもない。僕はドキドキを求めてそこに行く。

「梟書茶房」……僕がその店の存在を知ったのは、娘のスイミングがきっかけだった。

「梟書茶房」……
僕がその店の存在を知ったのは、娘のスイミングがきっかけだった。

娘が小学校低学年の頃から続けているスイミング。自宅から電車に乗っていくスポーツジムに、娘を一人で活かせるのは不安なので、毎週送り迎えをしていた。
スイミングの練習が終わるのを待つ間、僕はスポーツジムがある建物の1階に入っているエクセルシオールカフェで一人の時間を過ごすのが好きだった。
エスプレッソに大量の砂糖をそっと入れてゆっくりとかき混ぜ、飲みきった時に底に残った砂糖をティースプーンですくって、その甘さを味わいながら本を読む。


あるときふと、エクセルシオールカフェの経営者や、資本のことが気になった。特に深い理由はなかったのだけれど。単なる興味本位だったのだと思う。
さっそくiPhoneで調べてみると、ドトール系列であることを知った。
僕の中でエクセルシオールカフェはマイナーな方で、ドトールは名のしれたカフェだった。だから、あのドトールの傘下にエクセルシオールカフェがあったことで、エクセルシオールカフェに対する印象が変わった。
そのエクセルシオールカフェと同列にもう一つ、「梟書茶房」という店舗名が目に入った。

「(生き物の)フクロウでもいるのかな」というのが最初の印象だった。
その「梟書茶房」のサイトをよくよく読んでみると、いわゆる「ブックカフェ」のようなお店のようだった。フクロウはいないらしい。

ブックカフェというと、僕は新宿の「ブルックリンパーラー」を思い出す。
新宿にある映画館の下にあり、壁際には厳選して選んだような書籍が並べられ、食事をしながら自由にそれらの本が読めるというお店。それがブルックリンパーラー。

「梟書茶房」のサイトを一読した時に気になったメニューがあった。
「本と珈琲のセット」だ。
その本は袋で閉じられていて(フクロウだけに?)中身がわからない。
珈琲に合わせて選ばれた本が、珈琲と一緒に運ばれてくる、というメニューだった。

行ってみたい、と思った。梟書茶房に。

本好きの友人に早速連絡をとった。
……連絡とったものの、実際に足を運んだのはその日から数カ月後だったと思う。

初めて「梟書茶房」に行ったとき、僕は当然「本と珈琲のセット」を注文した。
その時のテーマは、「祝杯」だった。
選ばれた書籍は「フェルマーの最終定理」、作者は「サイモン・シン」。
この選書が、僕の心をガッシリと鷲掴みにしてしまった。

めちゃくちゃ面白かった。
普段の僕なら選ばないような内容の本だったけれど、本当に面白かった。
フェルマーの最終定理に挑む男「アンドリュー・ワイルズ」、その男に焦点を当てて文字を綴った「サイモン・シン」。
僕が小学生や中学生くらいの時にこの感動を味わったとしたら、きっと僕は数学が好きになったのではないか。……そんなことを思った。

その感動がきっかけとなり、僕は月に1度くらいのペースで、一人ででも「梟書茶房」に行くことになる。

テーマがあり、珈琲があり、それに合わせた本がある。
本を閉じている赤いリボンを解き、本の1ページめを開くその瞬間は、すごく興奮する。

確かに珈琲は美味しい、本も好きだ。食事やデザートもこだわりを感じられる。
でも僕がこの「梟書茶房」に通うのは、「本と珈琲のセット」で出された本を開く瞬間に感じるドキドキを、また感じたいから。

ちにみに、袋に閉じられている本は、なにも「本と珈琲のセット」だけではない。
「梟書茶房」のレジ前の壁際に並ぶ書籍全てに、表紙が見えないようにカバーが掛けられ、ビニールで閉じられている。
中身を読むことはできない。
数行のあらすじというか、感想らしきコメントがのみで、本を選んでいく。

「梟書茶房」は一種のブックカフェなのかもしれないけれど、しかしブルックリンパーラーとはまた違う形態だと思う。
どちらかというと、「天狼院書店」に近いのかなと思った。

「梟書茶房」も「天狼院書店」も、本も売ってはいるけれど、本だけを売っているわけではないのだと思う。
「梟書茶房」は(まあ珈琲や食事も出すけど)まだ見ぬ本の世界を開く瞬間のドキドキを売っているし、「天狼院書店」は、本を媒介にしてセミナーなどの「場」を提供しているのだと思う。

より一層、僕は本が好きになった。

(今回の文字数は1738文字……少なっ)

サンドイッチ

パンケーキ

-本を読もう
-

Copyright© みよけんちのべんじょ , 2020 All Rights Reserved.