カテゴリー
学びて時にこれを習う 資産をふやしたい

道徳と礼節

「政」と「徳」、「刑」と「礼」。

子曰く、これを道びくに政(まつりごと)をもってし、これをととのうるに刑をもってすれば、民免れて恥づる無し。
これを道びくに徳をもってし、これをととのうるに禮(礼)をもってすれば、恥づる有りて且つ格(いた)る。

上は論語の一節。砕いて訳すと、以下のような感じ。