書くこと

2020/2/7

感情の筋トレ[天狼院書店のスピードライティングでの気づき]

感情を鍛えよう。そう思ったお話。 テレビを見ながら娘が歌い出したので、僕も歌った。 娘が踊り出したので、僕も踊った。 そんな僕を見て、娘が笑った。 そんな娘を見て僕も笑いながら踊った。 手をフリフリ、腰をくねくねさせながら。 「パパキモい-」と、横で見ていた長女。 「真似しないでー!」といきなり怒りだした、踊っていた次女。 「うぇー!?」と大げさに驚く僕。 笑う長女と、不機嫌な次女。 スピードライティング特別講座2回目講義を受けたと、僕は、「感情の筋トレ」をしようと、そう思い立った。 以来、少しばかり、喜 ...

ReadMore

美味しいものが食べたい

2020/1/26

ラーメンに”すだち”がマジ美味い|つじ田 八重洲店

ヨコオッサンは、スダチを追加で注文した。 すだちだよ。あの、緑の丸い柑橘系。 そこは東京駅近くの、ラーメン屋。 ヨコオッサンは、僕の職場の同僚。僕と同じオッサン。 東京駅近くで仕事をしたある日、ヨコオッサンに連れられてラーメン屋に行った。 僕は普段、あまりラーメンは食べないのだけれど。 ヨコオッサンと話をしたかったと言うこともあり、付いていった。 そこは、東京駅の八重洲方面にあるラーメン屋「つじ田」。 事前に券売機で注文するタイプ。 ヨコオッサンはつけ麺と、そして、別途すだちを注文していた。 すだち? ラ ...

ReadMore

花粉症 身体のこと

2020/1/25

敏感なセンサーにヤスリ掛けてやりたい。

多少鈍いくらいが生きやすい(花粉症とかね) 以前、僕は錦糸町に住んでいた。そんなに大きくないマンションに。 一人でシャワーを浴びている時、急に大きなサイレン! マンションの廊下に付いている非常ベルか何かだったと思う。 今は奥さんとなった当時の僕の彼女が、慌てて僕を呼びに来る。 何かあったらしかった。 僕はシャンプー後のリンスを流さないまま慌てて、とりあえず服だけを着て、玄関を出た。 同じフロアにすんでいた女性も、慌てて出て来ている。 とりあえずエレベーターは動いた。乗る。

ReadMore

書くこと

2020/1/24

ネタが無いから料理ができないのか?あるいは……[スピードライティング]

料理が下手だからネタが見つけられないのか。 ネタが無いから料理ができないのか。 料理が下手だからネタが見つけられないのか。 一流の料理人は、きっと一流のレストランで、一流の素材を使い、一流の客人を相手に、一流の顧客体験を提供する。 でもきっと、本当の意味での一流の料理人は、腕は一流だが、環境が、素材、そしてどんな客だろうと左右されず、一流の顧客体験を提供するのかも知れない。

ReadMore

no image

セミナー 学びて時にこれを習う

2020/1/23

海馬というノートに扁桃体で記録する|スピードライティング特別講座@天狼院書店

三浦崇典さんの書くスピードを盗みたい 天狼院書店の三浦崇典さんは、ちょっぱやで3000字とか5000字とか、書いてしまうらしい。 その文章の書き方を惜しみなく公開してくれている「スピードライティング特別講座」へ、僕は行ってきた。 今日は二回目。

ReadMore

ITエンジニア お仕事

2020/1/23

社員に対するUX

あー、人が足りない 将来はエンジニア不足になる、と、まことしやかにささやかれ始めて久しい。 IT系の界隈では多くの人が「エンジニア不足、エンジニア不足」と、誰かがどこかで聞いたことを真似してしゃべてる。 オウムか。 まあ、今後もITに関わる仕事が増えてくる以上、不足するのは当たり前なのだろうけれど、しかしエンジニアなら誰でも言い、という訳では無いと思うの。 不足しているのは「エンジニア」ではない。不足しているのは「優秀なエンジニア」でしょ。 僕が今勤めている会社も、まあそれはそれは人が足りない。あ、正確に ...

ReadMore

ITエンジニア プログラミング

2020/1/19

「TECH::CAMP」の説明会に参加したが……

参加したが、イマイチだったなぁ、というお話 プログラミングの学習は、僕はUdemyを好んで使っている。今のところ。 あとは、書籍ね。 本を読みながらやっていくのが好きだけど、動画は動画で、講師が実際に動かしている所を見るのもわかりやすく、良いと思う。 まあ、一長一短かな。どちらも。

ReadMore

ITエンジニア プログラミング

2020/1/19

プログラミングの技術を身につけたい

プログラミングをどうやって学ぶか。独学か、スクールか。 僕は何年も前からプログラミングに興味があり、業務で活用していたエクセルのVBAは自分で得意と言えるくらいに出来るようになったのだけれど、他の言語は書籍で勉強をするくらいで、ちゃんと何かを作るまではできない。 僕はいわゆるインフラエンジニアと言われるポジションにいる。 インフラと一言で表現しても、その範囲は広く、LANケーブルや電力線の敷設、キャリアの回線敷設調整も広義の意味ではインフラだし、L3からL4(TCP/IP)までのネットワーク層もインフラ、 ...

ReadMore

教養 資産をふやしたい

家計簿をつければきっと人生も変わる

家計簿には、未来を変える可能性があると、僕は確信しています。

僕が今年から新たに始めた習慣であり、そして一番生活習慣に大きな影響を与えたものの一つは、「家計簿の記帳」であると断言できます。
家計簿をつけることで僕は、何となく感じていた精神的な負担は軽くなり、計画的にお金を使うようになり、無駄なものを難なくカットできるようになりました。

例えば、僕は仕事中に缶コーヒーを飲む習慣があったのです。たいして旨くもないのに。
1ヶ月に換算をすればそれなりの金額になります。具体的に数値を出すと、2012年8月16日~2012年9月20日の約一ヶ月間で3797円です。ちなみに缶コーヒーだけじゃなくて、炭酸飲料などのいくらか含まれてますけど。
そういった飲み物には添加物も入っているわけだからあまり身体にも良くない。だから喫煙者が何度も禁煙に挑戦するように、僕は何度も缶コーヒーを飲む習慣を断とうとしてきました。
ダイエットにもなるかな、と考えていたしね。
しかし、いくら「もうやめよう!」と決意してしばらくはがんばっても、「たまには良いかな」というちょっとした気の緩みから、「缶コーヒーを飲む」という習慣が始まるのです。
「缶コーヒーを飲まない」という習慣が、どうしても根付きませんでした。

今になって思えばだけど、そもそも「飲まない」というのは、恐らく習慣になりえないのだと思う。何かの行動を「否定」した、単なる思考だから。思考はその時々の感情で変化し、感情は行動を変えていく。
だから本当は、「具体的な行動を伴った習慣」で、上書きする必要があったのでしょうね。
その頃の僕は、それがわからなかったけれど。

では、その行動を変えるために家計簿をつけ始めたのか、というと、そういうわけではないのです。
缶コーヒーをほぼゼロ(※いまは一ヶ月に1本くらいは飲んだり飲まなかったり……)に出来たのは、副次的な効果に過ぎず、家計簿の目的は別のところにありました。

僕が抱えている数多くのコンプレックス(正確には劣等コンプレックスだけど)のうち、その上位に位置づけられる「語学力」。
今年(2012年)の半ば頃、その語学力に切り込んでいこうと思い立ちました。
語学力は今後生きていく為には必須の能力だし、この僕のコンプレックスランキング上位をうろちょろしているコイツをランク外に弾き飛ばしてやれば、さぞかし気持ちがいいだろうと、そう思ったから。
そして仕事やプライベートにおいてもできることの幅が広がり、広い世界をもう少しだけ上の方から見る事が出来るような気もしたから。
だから、2012年11月からの1年間は、英語を学ぼうと決めました。

しかし決めたはいいけど、お金が無い。どうにかして資金を工面したい。
工面をする為に始めたことの一つが、家計簿だった、というわけなのです。

家計簿を付け始めた結果としては、かなり資金繰りの改善が出来ましたし、なにより余計な飲み物やらお菓子やらに投入する資金が激減したことが一番嬉しいことです。
11月の缶コーヒー代は100円でした。その他、僕が仕事中やらプライベートやらで使っている食費も、3分の1くらいまで削減できました。

そうそう。ちなみに、缶コーヒーは断ちましたが、コーヒーは断っていないんですよ……(笑)
オフィスでは、スーパーで買ったインスタントコーヒーやら紅茶やらを飲んでます。インスタントコーヒーは、2~3ヶ月で1500円ってとこですかね。安いコーヒーと高いコーヒーをブレンドして飲んでいます。「ネスカフェ プレジデント」ってコーヒーが高いけど美味しいんですよ~。

まとめ

現状を認識するという意味で、家計簿は必ず付けた方が良いと思います。「お金がない」って人は特にね。「お金は余っている!」って人には不要ですけど。
家計簿を付けなくても良いくらい裕福になれれば嬉しいですね。ゲイツ、ソロス、バフェット級ね。

プレジデントはとてもスッキリとした、上品な感じの味がします。僕の舌はそんなに上品には出来ていないので、安くて苦みのある他のコーヒーを混ぜて飲んでいます。
僕は甘党なので砂糖は多めに入れますが、その際は精白された白砂糖ではなく、ミネラルが多めに含まれた「きび砂糖」とか「てんさい糖」を使用するようにしています。
また、「コーヒーは1日に2杯まで」と決めています。飲み過ぎは良くないっすからねぇ~。
(by みよけん)

-教養, 資産をふやしたい

Copyright© みよけんちのべんじょ , 2020 All Rights Reserved.