初心者ゴルフレッスン二回目

二回目のゴルフレッスン

自社が加入する健康保険組合のイベント(イベントと言っていいのかな)の一環で通い始めた「初心者向け 短期ゴルフレッスン」。
二回目の今日は、池袋駅からの移動の慣れたもので、すんなりと会場に辿り着いた。
会場は「池袋コミュニティカレッジ」。その中にある「コミカレゴルフ」。

一回目は会場の場所が判らず、迷いに迷って辿り着き時間がギリギリとなってしまったため、今日はさらに余裕を持って職場を出た(前回も余裕を持って出たのだが、ホント道に迷って大変だった)。
思いのほか早くコミカレゴルフに到着したので、着替えてから、壁際に並ぶゴルフの本を手に取った。ムック本だった。
初心者向けのゴルフの本で、とてもわかりやすく、ふむふむ、と。前回に習ったことを照らし合わせながら読む。
なるほどなるほど……へぇ……余計に判らなくなる。

ガラスの向こうにゴルフのシミュレータが並び、前の時間の生徒さんたちが練習をしていた。
小学生くらいの男の子もおり、身長と比較するとややアンバランスな感じの長さとドライバー(かな?)を振り、ちゃんとボールを前に飛ばしていた。
うまいもんだなー、と関心。
僕なんかまだ、ボールに当たっただけで喜んでいるような状態。まあ、楽しいからいいけど。

今日も7番アイアンで練習。初心者の練習では7番がベーシックなのだろうか?
クラブの握り方も、前回から一つポイントが追加された。

「左手で握るとき、まずは肘の内側を外側に向け、その状態で前腕を内側へ向けてグリップを握る。」
文字にすると判りづらいけれどね。

前回の復習である、8時~4時の角度でのスイングで練習をはじめ、身体が温まってきたところで、次のステップへ。
9時~3時の角度での練習に移った。

少しスイングの幅が大きくなっただけで、うまく当たらなくなる。当たっても前に飛ばないし、気持ちよくない。
余計な力が入っているようだった。

何判らなかった一度目のレッスンの時は、ほんとに何も考えずスイングをしていたように思う。
二度目のレッスンになるとわずかに知恵が付き、頭で考えてしまう為に体が素直に動かなくなってくる感じ。

先生にスイングを何度も修正される。
先生に見られながらスイングをすると、意識してしまうのか、余計にクラブがボールに当たらなくなる。
内心、がっかり。なかなか上手く当たらないものだなぁ。

文字だと上手く書けないが、先生曰く……
右足の太ももの内側に力をためる、と良いらしい。
どうも僕の体が、スイングをする際に右側に流れていってしまっているらしく、それが良くないとのこと。

何度も何度もボールを打っていると、時折きれいに飛ぶときがある。そんなときは、とても気持ちが良い。当たったときの感触も違う。
ニヤニヤしちゃう。
きっとゴルフにハマっている人は、こういう時折訪れる感触に魅了されているのかもしれない。

シュミレータの画面を見ると、時々100ヤードくらいまでことも。反対に、まったく飛ばず、コロコロと数メートルほど転がるだけの時もある。安定しない。

リアルなボールで打っても、同じように飛ぶのだろうか。あるいは、シュミレータは所詮シュミレータで、実際の弾道とは大きく乖離があるのだろうか。
多摩川沿いに、ゴルフの打ちっぱなしをしている場所がある。
電車に乗っているときも、車窓から見える場所だ。僕のランニングコースでもある。
今度、そこへ行ってみようかな。