みよけんドットログ:日々の生活や思ったことが吐き出されるログファイル。
書籍「究極の断食力」

はぁ………。いいね、雨。
落ち着く。

雨音は精神的にも癒してくれるけど、なにより花粉を流してくれるのがありがたい。
雨粒たちが、花粉の粒子を流してくれるイメージをするだけで、なんとなくほっとする。

土曜日(3/4)からだったかなぁ。急激に目のかゆみが増してきてね。
天気がよく、いかにも花粉が飛んでいそうな日だったにもかかわらず、昼間の暖かい時間帯にランニングをしてきたわけですよ。まあ、それがいけなかったいえばそうなんだけれど。
でも、走らないわけにはいかないじゃん。
筋力や体力が落ちるし。東京マラソン後はまったく走ってなかったから、どうしても軽く川沿いを走ってきたかったわけですよ。

基本的にはマスクを付けて走るんだけど、苦しくなると無意識に取ってしまって。
ふと気がつくとマスクは顎の無精ひげを隠すだけの代物になり下がっているわけです。
まあ無精ひげを隠すのも大事な役割ではあるのでしょう、きっと。

運動をしている人は共感してくれると思うけど、走ったり運動したり(高校のころはバドミントンをしてたんだけどね)していると、花粉症の症状が結構和らぐんだよね。あれは不思議。
で、走り終わって家に帰ってからが大変なわけで。

くしゃみと鼻水が止まらず、目はかゆい。
目の痒みをこらえる為に目の周りや顔をつい擦ってしまうと、そこが赤くなってきて、顔が真っ赤になってくる。

でもって翌日は顔の赤みは取れたものの、継続して目がかゆく、たまたま夜勤で仕事に行ったけれど、もう仕事への集中力が中続きしない。
ほんっっっっと、どうにかしたい。

ってか、桜は一週間もすれば枯れて散るような潔さなのに、杉のやろうはなんであんなネチッこ性格なんだ。
粘るなよ。さっさと花粉を撒き散らして仕舞いにしてくれ。
お前らの交尾(受粉ともいう)に人間を巻き込むなーーーーーーーーーーぎゃふん。

あ、でね。
そんな折にamazonさんが僕にこんな本を紹介してきたわけですよ。

断食というものに興味がなかったわけではないですが、そんなに積極的に調べていたわけでもないのに。
(あぁ、そういや昔、断食道場に行きたくてググッていたことをふと思い出した)

何となく興味をそそられ、この「田中裕規」さんという人をググッてみると、ほー、ファスティング界では有名らしい。
ってか、「自称白ぶた⇒マッチョ」の体系の変化がすげーわい。

田中裕規さんのサイト(http://tukuru.life/blog/)を徘徊していると、どうも「断食」は花粉症を含めてアトピーなどのアレルギーを改善する効果があるらしい。

花粉の影響でかなり疲弊している自分にとって「花粉が改善する」という触れ込みはとても魅力的で、さらにはダイエットにもなると来れば、断食を試してみてもいいなと思うようになった。
そんなわけで、この「3日で人生が変わる究極の断食力」をついポチッてしまったのです。

本の感想は、また別途。。。

スポンサドーリンク