カテゴリー
学びて時にこれを習う 教養

「明日、死ぬ」という修行。

なぜ、働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』(著:田坂広志)」を読んだ。

仏教学者の紀野一義師という方は若い頃、「明日、死ぬ」という修行を行っていたとか。
自分は明日死ぬと思い定め、今日を生き切る。

『「想像力」の極みで、死と対峙する』

もしも僕が明日死ぬとしたら何をするか・・・と、考えてみた。