みよけんドットログ:日々の生活や思ったことが吐き出されるログファイル。

そろそろ花粉症の季節がやって参りました。

おおよそ2~4月までの約3ヶ月間。つまりは四半期。つまりは4分の1年。
その長い期間を堪え忍ばなければならない同士諸君よ!
共に乗り越えようぞ!!

でも僕は今年、レーザー光線でお花畑を焼きました。……もとい、レーザーで鼻の粘膜を灼かせていただきました。(スギの木に火を付けたい気持ちはある。)
ちなみに僕は、今年で2回目のレーザー治療です。1回目は一昨年。去年はスルーした。
まあ、レーザーで花粉症が治る訳じゃないけど、鼻の炎症が軽減されるだけでも、だいぶ楽なのよ。

花粉症は体力と気力を奪っていく

花粉症の時期は、流れてくる鼻水をすすったり、クシャミしたり、眠れなかったりと、徐々に体力を奪われていきます。
思考能力は衰え、仕事の意欲は低下し(あ、これ花粉症は関係ないや)、感情の振れ幅を大きくなりがちです。

そういったことを軽減してくれるレーザー治療といったら、地獄のそこに落ちてきた蜘蛛の糸のようなモノで、それが如何に頼りが無さそうに見えたとしても(怪しげに見えたとしても)、すがりつきたくなるモノです。

レーザー治療の手順

レーザー治療をした当日のお話をしようじゃありませんか。せっかくだから。

  1. 受付のおねーさんに、レーザー治療よろちく、と言います。
  2. でもって、紙を読まされてて書名をします。
  3. 診察室で先生に鼻の状態を見てもらい。
  4. 検査室(?)でおねーさんに鼻の空気の通り機械でチェック。
  5. 検査結果を先生に告げられ、問題なければ・・・
  6. 鼻の穴にガーゼをぶち込まれます。
    麻酔薬が染みこませてあるガーゼを大量に、それはもう、あとからガーゼはちゃんと取り出せるのか?と不安になるくらい奥までぶち込まれます。
  7. そこから15分を待合室で待つ。
    その間、麻酔薬が鼻の奥から口の中に入ってきて、もう苦いのなんのって。
  8. ベッドの上に寝かされて防護メガネ(?)を掛けます。
  9. レーザーで灼きます。
  10. 場所によってはやや痛いです。
  11. 焦げるような匂い、肉の焼ける匂いがします。決して美味そうな匂いではない事は言うまでもないですが。
  12. 終わったら、薬を貰って帰ります。

レーザー治療が初めての人は・・・

花粉症のレーザー治療が初めての人は、最初の一週間は覚悟してください。めっちゃつらいです。
鼻の中が炎症し、腫れてしまい、鼻呼吸が困難になります。
3ヶ月間の花粉症が1週間に集約されたくらいの辛さ。レーザー治療なんてやんなきゃよかった!ってマジに思うはずよ。

とにかくブリーズライトは必須アイテム。
夜に寝るときは必ずブリーズライトを張って寝ましょう。
鼻が完全に閉塞し、まじで眠れなくなる。

その後は定期的に耳鼻科へ通い、レーザー治療のあとの管理をしていってもらいます。
鼻の中に出来たカサブタを、バリバリ取ってもらいます。時折、鼻血をぶちまけることになります。

いま思い出しても辛いわ。
その辛いのが思い起こされて、昨年はレーザー治療をしなかったんですわよ。

レーザー治療が2回目以降の人

レーザー治療が二回目の人は、恐れず安心して治療にいくと良いでしょう。
1回目の辛さが夢だったのか?夢か現か幻かファンタジーかSFかっ!?つーくらいラクでビックリする。
僕は1回目のレーザー治療での反省を活かし、2回目の今年は当然ブリーズライトを準備したのです。

しかしだっ!

まったく鼻が辛くない。
やや違和感はあるものの、鼻が完全閉塞するような気配は、まったくと言って良いほど、無い。

1週間後の検査で病院に行ったとき、その事(今年はとてもラクだ)を告げると。
「みんなそうなんだよ、不思議なことに」
と、先生は言った。

「2回目よりも3回目、3回目よりも4回目の方がラクになるんだよ。理由は不明なんだけどね」

え、理由が不明なのかよっ、と、僕はそっちに驚いたww

「学会でも発表されてないんだよね。うちはレーザー治療の症例が多いから、私がそのうち発表してみようかな(笑)」

ほー、ぜひぜひ!

ってか、そんなことよりも花粉症を治す方法を探しておくれよ♪

by カエレバ

 

スポンサドーリンク

「身体のこと」の人気記事ランキング

まだデータがありません。