みよけんドットログ:日々の生活や思ったことが吐き出されるログファイル。

エヴァンゲリオン・・・の話しとは何の関係もありません。
タイトルはフィーリングで(笑)

「3」という数字からのインスピレーションでのタイトル。・・・そして、3でバカになる芸人がいたのは大昔の話し。

「3人」っていいなぁ、と。

先日、友人2人と僕との計3人で食事をしてきた。

食事をするのが目的だった訳じゃない。
ただ話しをしたかっただけ。

会って話しをすれば、面白い考えやアイデアが出てくる事が確信できる、そんなメンツだった。
何日も前から約束をしていた訳じゃない。
前日の夕方に、何となくそんな流れになっただけ。そういうユルさも良い。ユルさ?・・・臨機応変って言い換えても良いかな?

こんな友人達の事をきっと、「気のおけない人」と表現するのだろうね。

誰と集まるか

誰と集まり、誰と話すか。これは、よく考えるべき事だと思う。
人が集まると、良くも悪くも話しが発展する。加速する。
今回集まったメンツは、みんな物事を建設的に考える人間たち。
愚痴とか悪口なんてものはない。(そもそもそんな会話に時間を割けるほど暇じゃない)

最近知った事、学んだ事。
考えた事、思いついた事。
勉強している事、目指しているもの。

そういった会話がメイン。だから、話しをしていてとてもラク。
僕は人から否定されるのがとても苦手。否定するような人がいると、萎縮して話せなくなるからね。

何より、話しをしたり聞いたりしていると、いろいろなアイデアが浮かんでくる。
脳が活性化してくる感じ。
一人で考えていても出てこなかった考えが出てきたり、何となく考えていた事がしっかりとまとまったり。
人と会って話すという事はとてもメリットがある。

 

反面。
もしこれが、愚痴や悪口や不満だけだったらどうだろうね。
言わずもがな、ってことで敢えて書かないけど。

――人が集まると、良くも悪くも話しが発展する。加速する――

 

「3人」

「3人」という人数もいいね。

「2人」だと、無言の時間がけっこう出てくる。僕の場合。
無言の時間が悪い訳じゃなくて、『何か話さないと!』って焦る(笑)

「4人」だと、会話が分断しそう。「2人」と「2人」に。
まあ、それはそれで良いんだけど。

「3人」だと、1人が話して1人が受けて、もう1人は思考する時間に充てられる。
だから、『何か話さないと!』って焦る事が無くなる。

東方の賢者も3人だし。
矢を折る話しも3本だし。
ズッコケも3人組だし。

やはり「3」は良いですな~

 

区切る

人と集まって話すときのコツとしては、「時間を区切る」ってことですね。
ダラダラしなくて良いです。
その後の予定も立てやすいし。

あー、そうだ。デメリットもあったぞ。
ビュッフェに来たのに、食事が進まないという現象・・・話しすぎて聞きすぎて(笑)
食えよもっと、もったいない!

 

おしまい。

スポンサドーリンク

「学びて時にこれを習う」の人気記事ランキング

まだデータがありません。