みよけんドットログ:日々の生活や思ったことが吐き出されるログファイル。
小銭

貴重な記帳の手間を削減してくれるマネーフォワード

マネーフォワードを使い始めて、2年はたっただろうか。
まあ、途中で飽きて記帳しなかった時期も含めてね(笑)

家計簿をつけるうえで、マネーフォワードほど便利なものはそうそうないと思う。
銀行口座やクレジットカード、電子マネーを登録しておくだけで、自動で反映してくれるのは、この上なく便利。
更新ボタンさえ押せば、現金以外の講座の履歴をすべて反映してくれる。しかも誤記などの心配は皆無で。

資産管理や節約、効果率的なお金の使い方を考える為には、家計簿の作成が必須。
できるかぎり1円単位の詳細な記帳をしたいと思ってた。

とはいえ、家計簿をつける重要性は理解しつつも、ノートや表計算ソフトを使い1円単位で管理をしようとするのは、なかなか骨が折れる作業でね。
計算をするだけなら表計算でも十分だけれど、銀行の引き落としやクレジットカード、現金の出入りを仔細に管理するのは、時間的コストがかなり掛かる。
1円、10円の差額が出ることも頻繁にあり、それは大した金額ではなくても妙に気持ちが悪いもの。

でも、マネーフォワードを含め、自動で口座の情報を反映してくれるサービスが増えたことで、かなり手間暇が削減されるようになったと思う。
唯一、現金の管理さえしっかりすれば、1円単位の管理も余裕!

昔の家計簿は大変だったね……

一昔前のお金の管理は、以下のようなものだった。
小学生のころ、お小遣い帳を一瞬がんばったような記憶があるが、続かなかった。

<一昔前のお金の管理>
  • ノートに記帳(日記帳みたいな家計簿が、文房具屋においてあったよね~)
  • お金は現金メイン

(そいや、クレジットカードっていつごろからあったんだろう?)

パソコンが出始め、世間ではIT化が騒がれ始める事には、状況が少し変わる。
僕はエクセルで、貸借対照表と損益計算書を作った。

<パソコンが出始めた頃のお金の管理>
  • 表計算ソフト(エクセル等)で管理。
  • お金は現金
  • クレジットカード

が、やっぱり長続きはしなかった。
続かなかった理由は、「めんどくさい」と思ってしまったから。

僕もエクセルでお金を管理していた頃は、関数などを使っていたので計算自体は楽だったように思う。
けれど、冒頭に書いたように、結構誤差が出るんですよね。
しかも、記帳に結構な時間が掛かった。

マネーフォワードを使っている今は、以下のような状況。

<マネーフォワードを使っている今の状況>
  • マネーフォワードで出納管理。(ほぼ自動)
  • 決済は電子マネーとカードがメイン
  • 現金の利用は必要最低限。

マネーフォワードによって自動化され、ようやく家計簿の記帳が継続できるようになった。
まあ、基本的にめんどくさがりや何だよね。

とにかく、自分の資産管理が一覧になっているのはとてもいい。
見える化がされて全体が見通せると、無駄遣いをしないようにセーブもしやすい。

これからもマネーフォワードにお世話になりますわい。
願わくば、お金持ちになりたい。

スポンサドーリンク

「家計簿」の人気記事ランキング

  1. マネーフォワードのすゝめマネーフォワードのすゝめ